変色しても大丈夫

指輪などの宝飾品業界の日本での歴史は50年程度ですが、今までの販売された宝飾品の金額は60兆円を超えているといわれています。
ジュエリーのデザインの流行などの影響で、リサイクル会社に買い取ってもらい、ジュエリーを手放す人もかなり多いのが現状です。
リサイクル会社が買い取ったジュエリーをリフォームして、再度販売する市場も大きくなっています。

また、形見分けなどで手にしたジュエリーや流行おくれで引き出しにしまったままのジュエリーをリフォームして身につける人も増えてきていて、今後は新しいジュエリーの購入だけでなく、持っている愛着のあるジュエリーを長く着用することができるようにサポートをする会社も広がっていくと予想されます。

リフォームの際に注意すること


指輪などの宝石をリフォームする際に注意する点があります。
デザインが変わると宝石のイメージが違ってしまうため、事後のトラブルを防止するためにも依頼をする時には写真などを撮っておき石の色や形、大きさなどをしっかりと業者と確認することが大切です。
また、ジュエリーの形が変わると光の当たり加減で宝石の色が以前と異なるように見えることがあります。
違う宝石と交換された、などの不信感に繋がらないように小さな傷などの特徴や、鑑定書の提示、確認をするなどの工夫も必要です。
勿論、信頼できる業者にお願いするのが大前提ですが宝石の場合は石の強度によって可能なデザインと、できないデザインがありますのでオーダーして自分好みの形になるかきちんと確認しておきましょう。

変色したアクセサリーを元に戻す方法


シルバー素材の指輪などを使わないでおくと茶色っぽく変色していたと言う経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
シルバーは空気内や温泉などに含まれている硫黄に反応して茶色や黒く変色してしまいます。
変色してしまっても諦める必要はありません。
自宅でも変色を戻すことができます。
金属以外の容器の中に入る程度のアルミホイルを入れます。
スプーン一杯の重曹と変色を直したいアクセサリーをいれ、お湯を注ぎます。
金属以外の箸などでかきまぜて1分程度、漬け置きします。
たまにかき混ぜて必要に応じ歯ブラシなどで宝石をこすります。
変色が取れたら水ですすいで拭きます。
金製品などにも効果があります。
輝きを取り戻して身につけたいですね。

オススメリンク

安価に済ませる方法

女性は人生の折々に、ジュエリーを購入します。
特に婚約や結婚指輪は生涯に渡って大切に使用されるものであり、長く愛されるデザインのものを購入します。
一方でアクセサリーの流行はファ…Read more

余った部分は買取へ

 指輪のリフォームを依頼する上で気になるのはお値段の問題です。
アクセサリーの購入価格よりも安く押さえたいのはもちろんですが、こうしたサービスにはどのくらいのお値段がかかるのでしょうか。…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930